FC2ブログ

    ダルマダースの『インド講座』

      ひらけごまのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> インド > カシミール紛争  

    スポンサーサイト

    -- - --/-- [--] - --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カシミール紛争

    2016 - 09/20 [Tue] - 21:31

    インドとパキスタンの長年の係争地、カシミール。

    しばらく静穏だったのだが、実効支配線沿いでの武装集団とインド軍との戦闘が、最近ひんぱんになり、多数の死傷者が出るようになってきた。州都スリナガルなどでのイスラム系住民の蜂起など、投石を繰り返す住民と、インド警察との対立も激化している。

    背後にいるパキスタンを拠点とするイスラム教過激派集団、それを陰に日なたに支援するパキスタン軍にたいする、インド側の対抗措置如何によっては、2国間の対立の構図が鮮明化する。

    暴力でしか、解決策がないと思い込んでいる。
    しかし、暴力では解決できないとも、じつはわかっている。
    武器があるから、戦いたくなる。
    それ以外に産業がない、やることがない。
    「平和」が来ると、職を失う。「平和」が怖いのだ。
    悲しい地域だ。

    インド側もパキスタン側も、係争中の「カシミール全土」を、武装放棄、非武装地帯にすれば良いのにと、つくづくおもう。

    Kashimir conflict

    ■ インド軍、宿営地襲撃され兵士17人死亡 ジャンム・カシミール州 ■

    毎日新聞2016年9月18日 20時54分(最終更新 9月18日 22時42分)
    ソース

    【ニューデリー金子淳】

    インド北部ジャム・カシミール州ウリで18日早朝、武装集団4人がインド軍の宿営地を襲撃し、軍などによると、少なくとも兵士17人が死亡、35人が負傷した。武装集団は約5時間後、全員射殺された。軍当局者はパキスタンを拠点とするイスラム過激派「ジャイシェ・ムハンマド」が越境して攻撃を実行したとの見方を示した。

    カシミール地方はインドとパキスタンが領有権を争う係争地。インドはたびたびパキスタンからの「越境テロ」を非難し対策を求めていた。今回の事件を機にこうした声が高まるのは必至で、印パ関係がいっそう険悪化する恐れがある。

    Kashimir Conflict Uri2

    Kashimir conflict Uri

    地元メディアなどによると、現場は印パの実効支配線から約40キロ離れた丘陵部。武装集団は午前5時半ごろ宿営地に侵入し、軍部隊と銃撃戦になった。手投げ弾によるとみられる爆発もあり、兵士の宿舎に引火したという。カシミール地方でのテロ攻撃では、2014年12月に軍の拠点が襲撃され兵士ら11人が死亡して以来の被害規模で、地元メディアは「過去10年で最悪の攻撃」と報じた。

    事件を受け、シン内相は18日からの米露訪問を延期し、緊急の対策会議を開催。モディ首相はツイッターで「卑劣な攻撃の背後にいる者を処罰せずにはおかない」と非難した。

    ジャム・カシミール州では7月以降、インドの実効支配に対する抗議デモが続いており、治安部隊との衝突でこれまでに約80人が死亡した。パキスタンはインドの対応を「非人道的」と非難し、印パ関係悪化の一因となっていた。
    スポンサーサイト


    関連記事

    2016年9月19日 ニューヨーク繁華街での爆発の犯人逮捕 «««

     | HOME | 


    »»» 日本最古、8300年前の縄文人の埋葬人骨を発掘

     | HOME | 

    れんらく用紙

    コメント・メッセージ承ります。お気軽にどうぞ。

    あなたのお名前:
    メール:
    本文:

    ツリーカテゴリー

    最近の記事

    リンク

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。