FC2ブログ

    ダルマダースの『インド講座』

      ひらけごまのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日本山妙法寺 > デリーで10日間過ごしました  

    スポンサーサイト

    -- - --/-- [--] - --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    デリーで10日間過ごしました

    2015 - 02/11 [Wed] - 20:52

    毎年1月30日に、デリーで催される「インド国父・マハトマ・ガンディー」受難会」の国家行事に、日本山妙法寺の方々の中に入れていただいて、参加しています。

    今年は、王舍城の小此木上人さまとオリッサの依田上人さまがいらっしゃいました。

    xb-0010-0130.jpg

    2015年1月25日、バラナシから夜行列車「ガリーブ・ラト急行」でデリーに向かいました。この列車はヤムナ河の対岸に新設されたアーナンド・ビハール駅に到着します。混雑していませんし、メトロ駅と直結していて、お仏舎利塔には「インドラプラスタ駅」まで15分くらい(15Rs)ですからとても便利です。
    xb-0010-0020.jpg

    ちょうどオバマ大統領が「共和国記念日」の主賓として来印中で、デリー市内は極度の警戒態勢が敷かれ、地下鉄も中心市街への乗り入れは2時までストップ。ものすごくラッキーなことに「インドラプラスタ駅」まで運行していたので、何とか問題なくお寺にたどり着くことができました。

    デリー世界平和仏舎利塔・日本山妙法寺デリー道場のお寺は、ヤムナ河の西岸、リングロードに面した「インドラプラスタ公園」の北端にあります。ニューデリー駅とニザムッディン駅の鉄道線が西側を走っています。

    ご挨拶をし、久しぶりに再会し、おしゃべりをしていましたら、空に轟音が響き始めました。デリーの中心地にある大統領官邸からインド門の間で繰り広げられる「共和国記念日の行進」行事で、インド空軍のデモンストレーションが始まったのでした。

    テレビをつけますと、インド国大統領、オバマ大統領、モディ首相、ミッシェル夫人が写っていました。
    xb-0010-0030.jpg

    xb-0010-0040.jpg

    慣例を破って、オバマ大統領はモディ首相と並んでいます。モディ首相の、背広にターバン姿は、おっと一瞬びっくりさせますね。お祭りの喜びにおどけているのでしょうが、オバマ大統領がヒンディ語で語ったりと、国家関係だけでなく、二人のリーダーの緊張緩和度を演出するに充分でした。大統領特別機(エアフォース・ワン)の超豪華な内部が、インドの新聞で大きく解説されたりと、事前の話題も豊富でした。

    昨年まだマンモハンシン首相だった時、日本の安倍総理が主賓として招かれましたが、居眠りしているように受け取られる映像が取られたくらいの話題しかなかったのとは対照的です。

    1月30日のガンディ受難会には、小此木上人ん、依田上人、克法尼、私に、コルカタから神倉さん、ラージガートのお花のババさんの娘ラデーさん、政府役人を退職したミッタンラールさんが参列しました。

    2月3日は私の誕生日で、久しぶりにオールドデリー・チャンドニチョークの「ハルディラーム」に行って、ドクラを買いました。豆の粉を発酵させ蒸かしたスポンジ状のおやつで、甘酸っぱ辛い味付けが何とも言えず、「ドクラ」と言葉に出すだけでよだれが出るくらい、私の大好きな食べ物なのです。1キロ購入し、皆さんと共にいただきました。
    xb-0010-0140.jpg

    2月4日、大阪の左知子さんの立っての希望で、お仏舎利塔からラージガートまで街頭行脚をしました。堀内克法尼さまも参加され、法尼様を真中に、ゆっくり歩くことに務めました。ラージガートをお参りし、古巣の「ガンディ・ヒンドスタニー・サヒッティヤ・サバ(ガンディ・ヒンディ文学協会)」を、久しぶりに訪れ、法尼様のヒンディ語の師匠である、カカサーハブ師が住まわれた「グルジールーム(師匠の部屋)」をお参りさせていただきました。
    xb-0010-0150.jpg

    xb-0010-0160.jpg

    デリーでは、朝は自分のスタイルのお題目詠唱(非常にゆっくり、長く息を吐きながらお題目を唱える方法)で40分、その後の朝勤でお題目唱題1時間半、読経30分ほど、その後、仏舎利塔を周り(パリクラマ)、朝日を拝みます。昼間に自分のお経を1時間ほど。夕方のお勤めで唱題1時間。読経30分ほど。街頭行脚をした日は、さらに昼間に2時間半ほど唱題行と、お題目尽くしの有難い毎日を過ごさせていただきました。

    今回も、お料理のエキスパートがいらっしゃり、3度3度美味しいお食事を頂きました。

    xb-0010-0170.jpg
    (お料理も上手で、縫い物もプロフェッショナルな、ラデーさん。お経文のカバーを作っています。)

    デリーに着いた日は雨でしたが、その後劇的に回復し、気候は「冬」から「春」へ。朝の霧も姿を消しつつあり、スモッグのたちこめるデリーですが、朝日を拝むこともできました。

    xb-0010-0180.jpg

    xb-0010-0190.jpg

    日本庭園「富士山」に落ちる、デリーの夕陽。
    xb-0010-0200.jpg

    スポンサーサイト


    関連記事

    ガンディー受難会(1) «««

     | HOME | 


    »»» 世界平和祈念館 工事中

     | HOME | 

    れんらく用紙

    コメント・メッセージ承ります。お気軽にどうぞ。

    あなたのお名前:
    メール:
    本文:

    ツリーカテゴリー

    最近の記事

    リンク

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。