FC2ブログ

    ダルマダースの『インド講座』

      ひらけごまのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> インド > インド携帯通信、価格破壊の衝撃  

    スポンサーサイト

    -- - --/-- [--] - --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    インド携帯通信、価格破壊の衝撃

    2017 - 07/02 [Sun] - 15:24

    インド携帯通信、価格破壊の衝撃
    2017/6/24 5:30日本経済新聞 
    電子版

     インドの携帯通信業界で新規参入者による価格破壊の衝撃が広がっている。人口増と所得増加に加え、IT(情報技術)リテラシーが高い同国では、スマートフォン(スマホ)の普及とそれに伴うネット通販が急拡大。しかし、スマホ利用の土台を担う携帯通信各社の業績は悪化が目立つ。1社の新規参入が既存企業をかき乱している。

    JIO
    Jio 4G

     「新規参入者の略奪的な価格設定が業界全体に悪影響を及ぼしている」。インド携帯通信最大手バルティ・エアテルが5月に開いた決算説明会。グローバル最高財務責任者(CFO)のニランジャン・ロイ氏は「略奪的な価格設定(Predatory Pricing)」という言葉で強く批判した。

     批判の矛先は2016年9月に携帯通信事業に参入した印大手財閥リライアンス・インダストリーズ(RIL)だ。石油関連を主力とし、17年3月期に2990億ルピー(約5100億円)の連結純利益を稼ぐ同社は、その財力を背景に低価格攻勢をかけた。

     携帯事業を手がけるRIL子会社リライアンス・ジオ・インフォコムは昨秋の参入から今年3月末まで通話、データ通信とも無料に設定。4月以降も309ルピー(約530円)で3カ月間、通話とデータ通信を使い放題にするプランなどを投入し、瞬く間に1億人を超える契約者を獲得した。

     当初からこの価格設定は物議を醸してきたが、上場各社の決算がまとまると既存の大手への影響があらわになった。

    Indian company201707

     バルティの17年3月期は契約者数が9%伸びたにもかかわらず、連結売上高は1%減。純利益は38%減の424億ルピーとなった。価格競争による採算悪化は明らかだ。業界3位のアイデア・セルラーは40億ルピーの最終赤字(前の期は273億ルピーの黒字)になり、2位の英ボーダフォン・グループのインド法人(非上場)との合併を決めた。

     RIL参入まで業界4位だったリライアンス・コミュニケーションズはさらに苦しい。17年3月末の契約者数は8350万人と1年前から18%減り、17年3月期は初の最終赤字となった。同社は印最大財閥の一角、リライアンス・ADA・グループ傘下の企業で、RILとは因縁が深い。

     RILとリライアンス・ADAはもともと1つの財閥だった。印三大財閥の一つに数えられるリライアンスは故ディルバイ・アンバニ氏が一代で築いた。02年にアンバニ氏が亡くなると、経営権を巡り対立した長男のムケシュ氏と弟のアニル氏が財閥を2分割した。

     兄のRILは石油・ガスや繊維、小売りなどを展開し、弟のADAは通信や電力、金融などの事業を手がけ、両社は互いに事業を侵さない協定を結んでいた。RILはそれを解消して弟の“領域”に参入し、それがADA傘下のリライアンス・コムを苦しめているのは骨肉の争いの様相だ。

     インド株が高値圏で推移するなかでも、携帯通信各社の株価は出遅れている。

     同国の主要市場であるムンバイ証券取引所の株価指数SENSEXは4月下旬からほぼ右肩上がりを続け、5月最終週に3万1000を超えて過去最高を更新。その後も上値を試す展開が続く。

     バルティの株価は2月下旬の375ルピー台を直近のピークに下落と上昇を繰り返し、足元では360ルピー台で推移する。インド金融サービスのエムケイ・グローバルは5月のリポートで、バルティの今後12カ月の目標株価を306ルピーとし、「売り推奨」とした。アイデア・セルラーは4月下旬に比べ3%安、リライアンス・コムは同4割安い水準だ。

     競争が激化した携帯通信業界は再編に動き出している。アイデア・セルラーとボーダフォンインド法人の合併のほか、リライアンス・コムも同業のエアセルと事業統合をする方針だ。これらを含め十数社が乱立する携帯業界でさらに再編は進むのか。再編後の業界地図がどう変わるのか。RIL子会社が与えた衝撃の余波はしばらく続きそうだ。

    (ムンバイ=早川麗)
    スポンサーサイト


    関連記事

    東京都のGDP、世界16位(Tokyo Data)  «««

     | HOME | 


    »»» エア・インディア、政府が民営化を検討

     | HOME | 

    れんらく用紙

    コメント・メッセージ承ります。お気軽にどうぞ。

    あなたのお名前:
    メール:
    本文:

    ツリーカテゴリー

    最近の記事

    リンク

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。