FC2ブログ

    ダルマダースの『インド講座』

      ひらけごまのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 世界潮流 東アジアの憂鬱 > イランでテロ  

    スポンサーサイト

    -- - --/-- [--] - --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    イランでテロ

    2017 - 06/08 [Thu] - 10:02

    イラン 国会と霊廟にテロ 容疑者一部自爆 IS犯行声明

    E-Mainichi

    毎日新聞2017年6月7日 21時54分(最終更新 6月8日 00時53分) 【田中龍士、カイロ篠田航一】

    the parliament of Iran

    IS、動画も公開し「シーア派を狙った」

     イランからの報道によると、首都テヘラン中心部の国会議事堂と郊外の聖地ホメイニ廟(びょう)が7日、武装集団にほぼ同時に襲撃された。議事堂では犯行グループが人質をとって立てこもったが、治安部隊が突入し、約4時間半後に鎮圧した。容疑者の一部は自爆した。イラン内務省はテロと断定。地元メディアによると民間人ら少なくとも12人が死亡、42人が負傷した。

     イスラム教スンニ派を標榜する過激派組織「イスラム国」(IS)はインターネットを通じて犯行声明を出し、議事堂襲撃犯が撮影した動画も公開。「(敵視する)シーア派を狙った」「これから最悪のことが起きる」と警告した。ISの犯行なら、イラン国内では初めて。

     ロイター通信によると、イラン革命防衛隊は声明で、トランプ米大統領と「テロリストを支援する指導者ら」が会談して間もなくテロが起きたとして、事件の背後にスンニ派大国サウジアラビアの存在があると示唆した。

     シーア派大国のイランは、ISの掃討に向けた軍事作戦をシリアとイラクで展開している。劣勢に置かれたISが報復に出た可能性もある。

     在イラン日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

     イラン革命防衛隊に近いタスニム通信によると、議事堂襲撃は7日午前10時半(日本時間午後3時)ごろ発生した。女装した男ら4人が自動小銃などを乱射しながら建物内に侵入し、4人を人質に立てこもった。治安部隊が突入して容疑者3人を射殺、1人は自爆した。当時、国会は会期中で多数の議員らがいたが、安否は不明だ。

     内務省によると、約25キロ南のホメイニ廟でも実行グループが銃を乱射。1人は銃撃戦で死亡、1人が廟近くの路上で自爆した。廟にはイスラム革命(1979年)の父と言われる故ホメイニ師の遺体が埋葬されており、他国のシーア派信者も神聖視する場所だ。2009年にも自爆テロで負傷者が出た。

     ロイター通信によると、情報省は第3の襲撃を計画していた別のテロ集団を拘束したとしている。イランは治安当局による監視が厳しいことから治安は安定しており、首都でこうしたテロが起きるのは極めて珍しい。外国人は滞在中、宿泊施設にパスポートを預けることが義務づけられており、テロ組織が長期間潜伏するのは困難だ。ただ、国境には山間部を抜けて難民が不法越境できるルートもある。

    【田中龍士、カイロ篠田航一】

    ◆◆◆ ホメイニ廟 ◆◆◆
    Khomeini_Mausoleum 600
    ホメイニー廟( آرامگاه روح‌الله خمینی 英語: Mausoleum of Khomeini ) は、イランのテヘランの南方にあるベヘシュテ・ザフラー墓地に現在も建設中の、ホメイニ師で知られるルーホッラー・ホメイニー(1902年9月24日 - 1989年6月3日)を祭る墓廟。
    1995年に亡くなった2番目の息子のアフマド・ホメイニーも収容されている。
    建築はホメイニ師が亡くなった1989年6月3日に開始された。
    スポンサーサイト


    関連記事

    北朝鮮のサイバー攻撃 «««

     | HOME | 


    »»» 汎用AI AGI(Artificial General Intelligence)のさらなる発達

     | HOME | 

    れんらく用紙

    コメント・メッセージ承ります。お気軽にどうぞ。

    あなたのお名前:
    メール:
    本文:

    ツリーカテゴリー

    最近の記事

    リンク

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。