FC2ブログ

    ダルマダースの『インド講座』

      ひらけごまのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 世界潮流 東アジアの憂鬱 > 汎用AI AGI(Artificial General Intelligence)のさらなる発達  

    スポンサーサイト

    -- - --/-- [--] - --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    汎用AI AGI(Artificial General Intelligence)のさらなる発達

    2017 - 06/04 [Sun] - 11:12

    「正しいはしご」登り始めたAI アルファ碁の父語る
    「脳の働き、再現できないものはない」

    2017/6/4 2:30日本経済新聞 電子版
    日経E-News



    米グーグルの人工知能(AI)「アルファ碁」が世界最強のプロ棋士、中国の柯潔(か・けつ)九段(19)との三番勝負で全勝した。生みの親で同社グループのAIベンチャー、英ディープマインドの最高経営責任者(CEO)、デミス・ハサビス氏(40)は日本経済新聞の取材に応じ、AI研究の進捗について「正しいはしごを登り始めた」と手応えを示した。

     「このはしごはとても高く、何段あるかわからない。ただ、AIの歴史は誤ったはしごに登っては下りるの繰り返しだった。『正しいはしご』にたどり着いたのは、大きい」

     ハサビス氏が「正しいはしご」と呼ぶのは、人間の脳をまねた情報処理手法として近年注目される「深層学習」というAIの研究分野だ。

     神経科学者でもあるハサビス氏が仲間と2010年に創業したディープマインドは同分野の研究で世界の先頭を走る。深層学習に「強化学習」と呼ばれるもう一つの情報処理手法を組み合わせることで、AIの自己学習能力を飛躍的に向上させた。「知性の解明という意味では、まだ一段目を登ったにすぎない」としながらも、知能ゲームで最難関とされた囲碁で証明した実力に自信を深める。

     1976年にロンドンで生まれたハサビス氏は、4歳でチェスを始め、10代初めには年代別の世界ランキングで2位になった。チェスの「神童」に転機が訪れたのは、11歳のとき。国際大会で年上の対戦相手にゲーム内容を激しくなじられるという苦い経験が、チェス以外の世界に目を向けるきっかけとなったという。

     自分は与えられた能力をムダにしているのではないか。ここに集まった頭の良い人々が同じ時間とエネルギーをもっと世の中の役に立つことに使った方がいいのではないか――。その後のAI研究の道へとつながる「まさに天の啓示だった」と振り返る。

     「あらゆる企業が『AIを使っている』と吹聴するが、9割はその意味を理解せず、マーケティング用語として使っている。まさにAIバブルだ」

     「アルファ碁」の勝利は世間のAIに対する関心を一段と高めたが、手放しでは喜べないという。AIは70年代と90年代の2度、「冬」を経験している。いずれも期待先行で成果が伴わず失望を買ったためだ。過剰な期待は修正されるとみるが、一方で「『正しいはしご』を登り始めた今回は過去のような『冬』は来ない」と予言する。

     米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスクCEOら大物起業家や投資家から出資を受け設立したディープマインドが「研究を加速するため」に潤沢な資金を持つグーグルの傘下に入ったのは14年。今やグループのAI開発の中核を担う役割を考えれば推定5億ドル(約550億円)の買収額は安いぐらいだろう。エリック・シュミット会長は「現代の英国のサクセスストーリーの一つ」とハサビス氏らの功績を高く評価する。

     ディープマインドの社員は約500人でその半数を研究者が占める。一つの組織が抱える深層学習の研究者の数としては世界最大だ。ハサビス氏は知性の解明という難題を、人類を月面に送る挑戦になぞらえて「AI版アポロ計画」と呼ぶ。

     「脳の働きは非常に複雑だがコンピューターで再現できないものはないというのが我々の現時点の見方だ」

     記憶、想像力、概念、言語――。AIはこれらの能力を全て獲得できると考える。目指すのは「アルファ碁」のような用途を限定したAIでなく、様々な課題をこなせる汎用AI「AGI(Artificial General Intelligence)」。囲碁では人間との「対決」に関心が集まったが、AIはあくまで人間の役に立つ「道具」だと説く。

     ハッブル宇宙望遠鏡のおかげで、天文学者が地上からでは難しい高い精度の天体観測をできるようになったように、気候変動の問題に取り組む科学者や難病の治療法を探る医者がAIの助けを得ることで問題をより早く解決できるようになる。「これこそが人間とAIの協調のあるべき姿だ」と力説する。

     与えられた目的と枠組みの範囲内とはいえ自ら学習し、行動するAIには「暴走」の懸念がつきまとう。人間の脳の動きは「機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)」を使って視覚化できるが、「バーチャルな脳」になりつつあるAIにもこうした装置が必要だと指摘。10年以内に開発し、意思決定のプロセスが人間から見えない「ブラックボックス」化を防ぐ意向を示した。

    (シリコンバレー=小川義也)


    ◆◆◆ 囲碁AI、人間圧倒し「引退」 医療・エネに応用へ ◆◆◆
    2017/5/27 19:37
    日経 E-News

     【烏鎮(中国浙江省)=山川公生、小川義也】

    米グーグルの囲碁用人工知能(AI)「アルファ碁」と中国の世界最強棋士、柯潔(か・けつ)九段(19)の三番勝負第3局が27日、烏鎮で打たれ、AIが3連勝して幕を閉じた。グーグルは囲碁AIの開発は打ち切り、アルファ碁で培った技術の医療やエネルギー分野への応用に軸足を移す。

     柯九段は序盤からポイントを稼ぐ戦術を採ったが、誤算があったようで劣勢に。終盤、勝負手を繰り出したものの完敗。対局後、「アルファ碁は完璧すぎた。苦しくてたまらなかった」と話した。

     アルファ碁を開発したグーグル傘下のAIベンチャー、英ディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)は「人間と対局するのはこれが最後になる」と語り、アルファ碁の事実上の引退を宣言した。

     ディープマインドが囲碁AIの開発に取り組んできたのは、「AIの力を試す最適の舞台」(ハサビス氏)だからだ。同社は人間の脳をまねた「深層学習」と、AIが自己対局を繰り返す「強化学習」と呼ばれる2つの情報処理手法を組み合わせ、人間に頼らずに自分で勝ち方を編み出すAIシステムを作り上げた。

     アルファ碁は囲碁用に開発されたが、基盤となったシステムの実社会への応用は始まっている。医療分野では英国で公共医療を提供する国民保健サービス(NHS)と提携。特定眼疾患の検出精度向上にAIを活用するプロジェクトが進む。

     グーグルのデータセンターでは大量の熱を発するサーバーの冷却に使うエネルギーを40%削減することに成功。英国の送電網を管理・運営するナショナル・グリッドと電力の需給調整にディープマインドのAIを活用する取り組みも始まった。

     知的な盤上ゲームで最難関とされる囲碁では人間を上回ったが、AIが優位に立つのは、今は定まったルールがあるゲームなどに限られる。言語処理など、不得手な分野はまだ多い。

     ただ、人間が設定した目標と枠組みの中とはいえ、自ら考え、独創的な手を編み出すAIの登場には「暴走」への懸念もつきまとう。高度化するAIを適切に管理する仕組みの重要性は今後、一段と高まりそうだ。
    スポンサーサイト


    関連記事

    イランでテロ «««

     | HOME | 


    »»» 中国が次々に裏返す、ビジネスの「コイン」

     | HOME | 

    れんらく用紙

    コメント・メッセージ承ります。お気軽にどうぞ。

    あなたのお名前:
    メール:
    本文:

    ツリーカテゴリー

    最近の記事

    リンク

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。