FC2ブログ

    ダルマダースの『インド講座』

      ひらけごまのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 世界潮流 東アジアの憂鬱 > チャイナでの日本車販売台数、日本国内に並ぶ。  

    スポンサーサイト

    -- - --/-- [--] - --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    チャイナでの日本車販売台数、日本国内に並ぶ。

    2016 - 09/21 [Wed] - 02:55

    日本の自動車メーカー主要6社の、中国での新車販売が、400万台の大台を突破し、日本国内の新車市場での販売台数、484万台に迫る勢いだ。中国市場全体の新車販売は、2604万台が見込まれ、世界の新車販売市場の約3割を占める。2009年にアメリカを抜いて以来、中国は、世界最大の自動車需要大国になっている。

    中国 新車販売台数

    ■ 日本車の中国販売、年400万台に 日本市場に迫る ■

    2016/9/19 1:25日本経済新聞 電子版
    ソース

    【広州=中村裕】

    日本車メーカーの中国での新車販売が今年初めて400万台の大台を突破する見通しとなった。主要6社の1~8月の累計販売台数は過去最高の前年に比べ10%増で、今後も伸び続ける見通し。日本国内の新車市場の約484万台(2016年度見通し)に迫る。米国新車販売に減速感が出ているなか、世界最大の車市場である中国で好調を維持できるかどうかが各社の業績を左右しそうだ。

    中国 日本車新車 販売

    中国で現在、新車販売を手掛ける主な日本車メーカーはトヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、マツダ、スズキ、三菱自動車の6社で、日本のブランド車の販売のほぼ100%を占める。

    主要6社の販売実績を独自に集計したところ、今年1~8月の累計販売は265万台に達した。残り4カ月間で前年実績並みに販売がとどまっても、過去最高だった前年実績の390万台を20万台強も上回り、過去最高を更新するのは確実だ。

    中国では数年前まで欧米メーカーのセダンや大型車が人気だった。ただ市場の成熟に伴い日本メーカーが得意な多目的スポーツ車(SUV)や故障の少ない日本の小型車に人気が移っている。

    中でもホンダは1~8月の累計販売が前年同期比23%増の75万台、直近の8月も36%増と好調だ。ホンダは中国でいち早くSUVを投入したことなどから販売を伸ばしている。中国では現在、エンジン排気量1600cc以下の小型車に対しては、新車購入1台当たり10万円前後の値下げ効果がある減税措置策が続いている。同対象車がホンダの主力車の中に多い事も好調な要因の一つだ。

    トヨタの小型車「カローラ」も減税対象車で人気が高い。同社の1~8月の累計販売は同12%増の78万台と大きく伸びており、広東省広州市に新工場を建設中だ。中国では最大手の日産も同6%増の80万台。カルロス・ゴーン社長は「中国は世界最大の市場で日産にとっても重要な市場と位置付けている」とし、電気自動車(EV)などの販売を今後強化する。

    他国のメーカーとの比較が可能な1~7月の乗用車累計販売台数で見ても、外資では日本ブランドの車が13%増と最も伸びている。米国ブランドが11%増、独ブランドが11%増と続き、日本車は外資では唯一、前年からシェアが上昇した。

    中国市場全体の新車販売は今年、15年実績比6%増の2604万台が見込まれる。09年に米国を抜き去り、世界の新車販売市場の約3割を占める最大の自動車大国だ。

    小型車減税策などの効果で拡大しているが、同政策は年内に終了する予定。米国市場は今年8月の販売台数が3カ月ぶりに減少するなど減速している。日本国内は少子化や若者の車離れなどで大きな成長が期待できない。中国でどこまで勢いを持続できるかが今後の成長を左右する。

    ■ 8月の中国新車販売、ホンダ36.3%増 トヨタ上回る ■

    日経新聞 Website 2016/9/2 20:17 【広州=中村裕】
    ソース

    ホンダは2日、中国での8月の新車販売台数(小売台数)が前年同月比36.3%増の10万6663台だったと発表した。トヨタ自動車は1.8%増の9万5900台。ホンダが2カ月連続でトヨタを上回った。ホンダの多目的スポーツ車(SUV)人気は根強く、小型車減税の恩恵も受け、6カ月連続で2ケタ増となった。

    ホンダの8月販売は、売れ筋の目安とされる月間1万台を、5車種が達成した。そのうち上位3車種は中国で人気のSUVだった。最も売れたのは「CR―V」で12%増の1万6129台、2位は「XR―V」で32%増の1万3547台、3位は「ヴェゼル」で37%増の1万3200台だった。

    エンジン排気量が1600cc以下の小型車に対する減税措置は依然として追い風で、同対象車の「フィット」も18%増の1万100台と好調だった。

    トヨタで最も売れたのも、減税対象車の「カローラ」で4%増の2万2800台だった。同じく「レビン」もトヨタの販売の中では2番目となり、17%増の1万2000台と大きく伸びた。

    1~8月の累計販売は、ホンダが22.7%増の75万1176台、トヨタが12.3%増の78万5800台だった。
    スポンサーサイト


    関連記事

    殺される恐怖より、殺すことへの抵抗感 «««

     | HOME | 


    »»» 米国の権威を、日本の国内政治に利用する

     | HOME | 

    れんらく用紙

    コメント・メッセージ承ります。お気軽にどうぞ。

    あなたのお名前:
    メール:
    本文:

    ツリーカテゴリー

    最近の記事

    リンク

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。