『インドの聖地 ベナレスにて 宇宙を 観ずる』 書 by ダルマダース

      ひらけごまのナビゲーター   トップページ > バラナシ歳時記  

    ヴィシュヌ神がクシール・サーガルにて4ヵ月の御休眠に入られます。

    2017 - 07/02 [Sun] - 21:52

    ヒンドゥスタン紙によりますと、2017年は、ヴィシュヌ神は、7月4日から、「パータール(地底国)」の「クシール海・シェーシュ竜」の懐で御休眠に入られ、4ヵ月後の、10月31日まで、地上界を留守にされるそうです。

    この御休眠に入られる日を「ハリシャヤニ・エカーダシー」と申します。また、4ヵ月の御休眠からお目覚めになる日を「プラボーディニー・エカーダシー」と申します。

    この間、4ヵ月は、縁起を担ぐ行事が行われることはありません。
    修行者たちは、あちこちに移動することはなく、一か所に滞在して、様々な秘儀・行事に専念します。

    おそらく、この習慣が、仏教の「雨安吾」から来ていると、容易に推察できますね。

    続きを読む »


    スポンサーサイト

    インド御修行「その1:酷暑行」

    2017 - 03/30 [Thu] - 15:45

    熱波襲来、今年は暑いぞ。

    ただ今午前11時半ですが、部屋の中は37℃、湿度25%です。水浴びが気分転換。

    突然日本より来客があり、シュラヴァスティ(祇園精舎)に行くのを取りやめました。北インド一帯に、熱波が襲来しているそうです、行かなくてよかった気がします。

    201703309929.jpg

    続きを読む »


    2016年 秋のバラナシ 祭礼日程。

    2016 - 09/06 [Tue] - 00:09

    いろいろな人から「秋~冬~来年初旬ごろ、インドに行きますが、テロは大丈夫ですか」と聞かれます。私自身も10月の半ばに渡印する予定にしています。

    インド国内のニュースは丹念に見ておりまして、いまのところの治安状況は、カシミールを除いて、普通だとおもいます。しかしもし「不安」を感じるんでしたら、また安心感が得られるようになってから、いらっしゃることをお薦めします。

    「お祭りシーズン」に突入しますので、故郷に戻る人、仕事場に戻る人、友人知人に会いに行く人、旅行に出る人で、猛烈にごった返します。鉄道チケットは購入しにくくなります。大混雑になりますから、いろいろと事件に巻き込まれないように、注意怠りなく、お楽しみください。

    なにしろ、祭礼儀礼・年中行事によって廻っているバラナシの街です。びっくりするくらい多くの催しがあります。
    ヒンドゥ教徒でなくても、この祭礼日程に従って、列車や車での人の移動、街の喧騒、商店・事務所の休日が決まってきますので、大きな影響を受けます。上手に避けつつ、バラナシ滞在、インド旅行を楽しんでください。

    とりあえず、大きなお祭りだけピックアップしました。取り上げました以外に、それぞれの寺院の年祭・例祭(開闢会など)があります。参考になさってください。

    माँ अन्नपूर्णेश्वरी की स्वर्ण प्रतिमा की सजी झांकी

    続きを読む »


    2015年 ナーシク・クンブ・メーラー

    2015 - 02/16 [Mon] - 21:32

    日本の写真家さんたちは、インドの祭礼の中でも、莫大な人の集まる状況を撮影するのを、特に好んでおられるようです。その中でも、とびきり莫大な、世界最大のギャザリングとしてギネスブックに登録されている「クンブ・メーラー」には、特別な関心と愛着があるようですね。

    今年、2015年は、「シンハスタ・ナーシク・クンブ・メーラー」が、マハラシュトラ州北部ナーシク市で開催されます。その開催時期について質問があったんですけれど、私はこれまでナーシクに行ったことがないので、いろいろ調べてみました。

    xb-nasikkumbh-0010.jpg

    続きを読む »



     | HOME | 


     | HOME | 

    れんらく用紙

    コメント・メッセージ承ります。お気軽にどうぞ。

    あなたのお名前:
    メール:
    本文:

    ツリーカテゴリー

    最近の記事

    リンク

    ブログ内検索